お薬を選ぶ薬剤師

予防

不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です

インフルエンザを防ぐにはどうするか。ウイルスが飛び交う人混みを避けることです。淋病の予防も同じです。不特定多数との性行為は止めましょう。

それは感染に対する最大クラスのリスク要因だからです。若い間は様々な経験をすべきです。リスクを恐れるべきではありません。

教育的な観点からの助言です。とはいえ性行為も同じに考えるべきなのでしょうか。性行為は遊びではありません。ならば友達と数を競うのは意味がありません。

素人童貞なら心配ないのか。逆に風俗店の方が淋病などの性感染症に罹るリスクがあります。そういうお店だから仕方ない、割り切ってもいけません。

どうしても行きたいのであれば、潜伏期間を考慮して一週間以上の間を空けましょう。プロとの関係を含めて、不特定多数との性行為は止めましょう。

とはいえやりたいのであれば、誰といつ、どこで、どんな行為をしたのか記録しておきましょう。感染経路を特定し、再び同じ過ちを繰り返さないためには有効です。

もちろん記録するほどの几帳面な人は、不特定多数との行為をしないでしょう。また記録すると浮気がばれてしまうかもしれません。

しかし記録することこそが体調管理の基本であり、感染症予防の大原則です。淋病を防ぐという点から言うならば、草食系こそが最大の防御策かもしれません。

つまり不特定多数と触れ合わなければ、感染するリスクが急減するからです。昨今は潔癖男子も増えています。病的になると性行為自体が汚らわしくなる、精神的にも危険です。

しかしそういう癖、習慣があれば、性行為の際にも応用が利くでしょう。既に特定のパートナーがいるならば、浮気は止めましょう。

いないとしても不特定多数との性行為は控えましょう。淋病のみならず様々なトラブルを招くリスクがあるからです。数ではなく質を楽しみましょう。

関連記事

  1. 様々な形のお薬

    予防

    健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です

    健康管理に努めましょう。疲れやストレスが溜まり体調が弱っていると、体内…

  2. 色々なお薬と注意書き

    予防

    淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは

    未だに衰えない古くて新しい避妊具はコンドームです。とはいえコンドームは…

最近の記事

  1. 色々なお薬と注意書き
  2. お薬の副作用への注意喚起のイメージ
  3. お薬を選ぶ薬剤師
  4. 様々な形のお薬
  5. 新薬を開発中

カテゴリー

  1. お薬の副作用への注意喚起のイメージ

    検査

    淋病の検査を定期的に行うことをお勧めします!気になる人は是非!
  2. 様々な形のお薬

    予防

    健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です
  3. 色々なお薬と注意書き

    予防

    淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは
  4. お薬を選ぶ薬剤師

    予防

    不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です
  5. 新薬を開発中

    症状

    急に血尿が出てきた 場合は、もしかして性病?性病の疑いがある場合は早期治療を
PAGE TOP