様々な形のお薬

予防

健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です

健康管理に努めましょう。疲れやストレスが溜まり体調が弱っていると、体内で潜伏している様々な病原菌が活発になってしまいます。

病気に負けない抵抗力を培うことも淋病の予防において有効な方法です。淋病の症状が現れた場合、放置しても自然治癒しません。

そのため可及的速やかに医療施設で治療を受けましょう。とはいえ発症する前であれば、免疫力によって抑えることができます。

また強い免疫力があれば、淋菌の侵入自体を防いでくれるでしょう。淋菌は性器周辺だけにいるわけではありません。近年増えているのは、喉で繁殖するケースです。

オーラルセックスが普及してきた結果とも言われています。風邪かと思ったら、淋病だったケースもあるようです。喉の調子も常に整えておきましょう。

風邪の特効薬はありません。市販薬は解熱や鎮咳など対症療法にすぎません。風邪をひいたなら、栄養のあるものを食べ、安静にして休み、免疫力の回復に努めるのがベストな選択です。

今どきは、風邪の場合でも抗生物質を処方してくれます。これは風邪のウイルスを撃退するのではなく、風邪で免疫力が低下した際、別の病原菌による症状を抑えるためです。

とはいえこの抗生物質が、淋菌の耐性菌を生んでいる可能性も否めないようです。薬を連用すると身体も慣れてしまいます。より強い薬を求めるようになります。

そうした依存症も危険です。肝心な時に薬が効かなくなるなど二次的なリスクが高まります。そのため日頃から薬の乱用は控えましょう。

自慰行為をしていれば淋病に罹らないのでしょうか。とはいえ清潔そうな手にも様々な菌類がいます。どこでどんな菌をもらってきているかわかりません。

そのため尿道口付近は直接触れない、いつもきれいにしておきましょう。淋病も病気です。ならば健康管理に努めることが有効な予防策のひとつです。

免疫力が低下すると、淋菌の侵入および増殖を許してしまいます。ただし薬の乱用は控えましょう。耐性菌を生むなど、二次的なリスクが高まります。

関連記事

  1. お薬を選ぶ薬剤師

    予防

    不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です

    インフルエンザを防ぐにはどうするか。ウイルスが飛び交う人混みを避けるこ…

  2. 色々なお薬と注意書き

    予防

    淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは

    未だに衰えない古くて新しい避妊具はコンドームです。とはいえコンドームは…

最近の記事

  1. 色々なお薬と注意書き
  2. お薬の副作用への注意喚起のイメージ
  3. お薬を選ぶ薬剤師
  4. 様々な形のお薬
  5. 新薬を開発中

カテゴリー

  1. お薬を選ぶ薬剤師

    予防

    不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です
  2. 様々な形のお薬

    予防

    健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です
  3. 新薬を開発中

    症状

    急に血尿が出てきた 場合は、もしかして性病?性病の疑いがある場合は早期治療を
  4. お薬の副作用への注意喚起のイメージ

    検査

    淋病の検査を定期的に行うことをお勧めします!気になる人は是非!
  5. 色々なお薬と注意書き

    予防

    淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは
PAGE TOP