お薬の副作用への注意喚起のイメージ

検査

淋病の検査を定期的に行うことをお勧めします!気になる人は是非!

大人になれば1年に1回、定期健康診断があります。もちろん生活習慣病対策です。ならば同じように性病の定期検査も行いましょう。

特定のパートナー以外と性行為をする機会がある人は、男女を問わずやっておくべきです。淋病を含めた性病の検査は難しくありません。

男性であれば尿を、女性は膣粘液を採取します。どこの医療機関でも受け付けてくれますが、性病科、泌尿器科、産婦人科がよいでしょう。

ただし単なる検査であれば健康保険が使えません。全額自己負担です。費用は初診料を含めて5千円から1万円程度です。もちろん検査後に病気が発覚すれば、保険に則った治療を受けられます。

なお日時が限定されていますが、保健所でも性病の検査をしています。多くの場合はHIV検査ですが、こちらは無料です。匿名でできるので、心配な人は試してみることをおすすめします。

医療機関へ行くのは恥ずかしいし料金も高いです。とはいえ検査をしないのも不安です。そこで今なら自宅でできる検査キットがネットから購入できます。

淋病だけであれば3千円程度で受けることができます。風俗店で遊ぶこともあるでしょう。とはいえ風俗店こそ病気をもらう場所でもあります。

もちろん店側も、変な噂が立つと営業できません。そのため従業員に性病の検査を義務化するケースが増えています。頻繁に通う馴染みの店であっても、定期検査をしている旨を確認しましょう。

人気のある風俗嬢は不特定多数を相手にしています。本人が自覚しない間に淋病などの性病をまき散らしている可能性は否めません。

病気を防ぐには検査が不可欠です。そうして常に自分の状態を確認することが重要です。検査することで予防意識が高まれば、危ないことをしなくなるというメリットも生まれます。

最近の記事

  1. 色々なお薬と注意書き
  2. お薬の副作用への注意喚起のイメージ
  3. お薬を選ぶ薬剤師
  4. 様々な形のお薬
  5. 新薬を開発中

カテゴリー

  1. 様々な形のお薬

    予防

    健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です
  2. お薬の副作用への注意喚起のイメージ

    検査

    淋病の検査を定期的に行うことをお勧めします!気になる人は是非!
  3. 新薬を開発中

    症状

    急に血尿が出てきた 場合は、もしかして性病?性病の疑いがある場合は早期治療を
  4. お薬を選ぶ薬剤師

    予防

    不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です
  5. 色々なお薬と注意書き

    予防

    淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは
PAGE TOP