色々なお薬と注意書き

予防

淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは

未だに衰えない古くて新しい避妊具はコンドームです。とはいえコンドームは単なる避妊具ではありません。性病も防いでくれる優れものです。

もちろん適切に使えば淋病の予防にも最適なアイテムです。性行為が好きな人の中では、コンドームの着用を嫌がる傾向があります。

その理由として、装着時に雰囲気が壊れる、感覚が鈍くなる、ゴム臭い、などがあげられます。特に男性からは不人気です。とはいえ早漏を隠すにはよさそうですが。

ただし最近のコンドームは性能が良くなっています。限りなく薄くなっており感覚を失うことがありません。それでも強度は逆に強くなっています。

雰囲気の問題は、やり方次第です。パートナーのことを思うならば、必ず付けるようにしましょう。コンドームは、行為の最初から使うべきです。

フィニッシュ寸前に付ける人もいますが、精液は少しずつ漏れています。逆に女性の分泌液もあります。つまり性病の予防という観点からは、挿入する前に装着する、1プレイごとに取り換えるのが正しい使用法です。

また古いコンドームを使ってはいけません。使用期限をチェックしましょう。ホテルの備品や試供品も危険なことがあります。

なお男としては屈辱かもしれませんが、サイズも確認すべきです。ブカブカで隙間ができると意味がありません。コンドームはペニスを覆うものです。

そのため体液を介して感染する性病を予防することができます。精液を物理的にシャットアウトするという点では、最強の感染症対策です。

とはいえ弱点もあります。例えば陰毛に寄生するケジラミは防げません。また梅毒や性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどは傷口から染み出た体液から感染することもあるため、性器だけを隠しても完全な予防にはなりません。

淋病に関する完璧な予防策はありませんが、コンドームは最強の予防アイテムです。治療に要する時間やお金、様々な代償に比べたら、コスパの高さは極め付きです。面倒がらずにコンドームを使いましょう。

関連記事

  1. お薬を選ぶ薬剤師

    予防

    不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です

    インフルエンザを防ぐにはどうするか。ウイルスが飛び交う人混みを避けるこ…

  2. 様々な形のお薬

    予防

    健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です

    健康管理に努めましょう。疲れやストレスが溜まり体調が弱っていると、体内…

最近の記事

  1. 色々なお薬と注意書き
  2. お薬の副作用への注意喚起のイメージ
  3. お薬を選ぶ薬剤師
  4. 様々な形のお薬
  5. 新薬を開発中

カテゴリー

  1. 新薬を開発中

    症状

    急に血尿が出てきた 場合は、もしかして性病?性病の疑いがある場合は早期治療を
  2. お薬を選ぶ薬剤師

    予防

    不特定多数との性行為は淋病のリスク要因となっているので注意が必要です
  3. 色々なお薬と注意書き

    予防

    淋病の予防にはコンドームが最適だと言われていますが実際の効果とは
  4. お薬の副作用への注意喚起のイメージ

    検査

    淋病の検査を定期的に行うことをお勧めします!気になる人は是非!
  5. 様々な形のお薬

    予防

    健康管理に努めることが淋病を予防する有効な方法です
PAGE TOP